コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

大好きななな

昨日今日と続いちゃいますが、実は、今日はななの命日なんです。

ななというのは、柴犬の女の子のことです。ぽぽよりも4ツお姉さんで、約14年半、我が家で暮らしました。黒柴のぽぽと一緒だったのは、その内の10年くらいかな?…喧嘩も一杯しましたけどね~(^^; 。

ななとぽぽは、それぞれ正反対の世界を持っていました。
とにかく人が好きで、老若男女問わず笑顔を振りまくななに対して、人見知りをして、すぐに身を隠してしまうようなぽぽ。「お散歩命!」アウトドア派なななに対して、「そんなもん要らん!」とばかりにハウスに引っ込むインドア派なぽぽ。性格も明るく、遊び好きななな…。神経質で、ちょっと暗い一面もあったぽぽ…(笑)。

ななが太陽ならば、ぽぽは月。そんな印象がありました。

でもそれだけ違うわんこたちだったからこそ、私にとっても学ぶことが多く、結果的に良かったのかも…と思うんです。それに私は、どちらのわんこも好きでした。こんなに違う性格だったのに、困ったことも沢山あったのに…そのどちらも好きになれた。好きにさせてくれた。
そのきっかけとなった、私にとって思い出深いわんこ。

それが、ななというわんこです。



小さい頃は、やたらとウレションをされました。私が一泊して帰宅した時は、「本当に見えてるの?…いや、見えてないだろうっ」…っていうくらい、嬉しそうに目を細めて出迎えてくれました。

私が珍しく着物を着た時は、「…お客さんだ!お客さんですよね!えへへ~、仲良くしてちょーだ~いっ」と、物凄い低姿勢のまま、尻尾をフリフリ寄って来てくれました。それはもう、ゴキブリの様に…(^^; 。明らかに、正体はshiiponだとは気付いていませんでしたよ(涙)。そしてその時も、目を細~くしておりました。…だから見えないんぢゃろがーーいっ(爆)!!



そしてななは、とっても多芸な劼世辰燭鵑任后?弔箸い辰討癲△△蠅?燭蠅雰櫃靴?気┐討い泙擦鵑(^^)。それに、ボール遊びが大好きでした。小さなボールも、大きなボールも、お水ボールも(水玉の空中キャッチ)、何でも上手に受け取りました。走ることも大好きでした。そうそう、穴堀りも凄く得意だったね~。…う~ん…ここではきっと書ききれないくらい、ななは色んな遊びにチャレンジしておりました。私にとっても、楽しかった思い出として残っています。



そんな元気で活発だったななにとって、最後の一年は辛いものだったのではないでしょうか。ななは最後、痴呆になってしまったのです。目も耳も悪くなりましたし、足腰も弱くなり、大好きだったお散歩にも行けなくなりました。…そして遂には、寝たきりの生活を送ることに。

寝返りも打てない程に動けない体…。ひとりでは排便も難しく、人の手を必要としました。
それでも私はずーっとずっと、生きていて欲しかった。例え寝たきりでも、私のことが分からなくても、ななが息をして、ただそこにいてくれるだけで良かったんです。でもその思いは、ななにとっては残酷なことだったのかも知れませんね。…それでも。

 「生きていて。生きていて…」

私は、なながどんな姿になっても可愛かったんです。だからいつか居なくなることなんて考えたくなかった。まだまだ生きると信じていました。でもそれは、怖かったから。ななが居なくなった後の自分が想像出来なかったから。…ななのためではなく、きっと自分のために考えたくなかっただけなんですよね。…要するにエゴです、我侭です。「もしも」のことを考えてしまったら、自分がどうにかなってしまいそうだったから…。弱い弱い気持ちで居たからです。

でも、ななは一年かけて、徐々に徐々に自分の弱ってゆく姿を見せてゆくことで、そんな私を納得させてくれたように思います。そうすることで、きっとあきらめさせてくれたんだと…。自分の死を受け入れてもらえるように。あまりに突然で、私が脅えたりしないように。酷く悲しんだりしないで済むように。ゆっくり、ゆっくりと…。大切な犬生の中、一年間もの長い時間をかけてまでそうしてくれた。…私はそんな風に思っています。



…時々思うんですよ。
我が家にやって来る子は、犬も猫も、みんな良い子だな~って。だってみんな、凄く優しいですもの。いえいえ、それが親の欲目とかいうものなのかも知れませんけれど…っ(^^; 。

私はななと知り合えて幸せでした。とっても楽しかった…!とっても愛おしかった…!!
そんな気持ちにさせてくれたななのことを、今までも、これからも、大好きです。


■ななもぽぽも、いつかもう一度抱きしめたい。どうかそれまで仲良くしていてね♪
←※FC2 Blog Rankingに参加しています

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ななちゃん、本当に優しいお顔ですね。
二日続けてshiiponさんのブログで泣かせていただきました・・・。(感動の涙ですよ)
実は実家のニック(女の子なんです)も、今15歳。最近、耳が遠くなり、足もだんだんきかなくなってきて、散歩もままなりません。
実家なので、年中会いに行くこともできません。
なんだか、ぽぽちゃんななちゃんと重なって・・・。

ななちゃん、shiiponさんに最後まで大事にされて幸せだったと思います。
病気のつらさは私も体が弱かったときがあるので、痛いほど分かります・・・。
痛みや辛さから逃れて、死んじゃえたら・・・って思うことだってありますよね。
でも、動物は決してそうは思わないと思うんです。
人と違って、動物は自分の命を放棄したりしないんじゃないかなって思います。
どんな状態でも一生懸命生きていて。
その大変な時に、大好きな飼い主さんがそばにいてくれることは、すごい力になると思うんです。
気持ちは十分伝わって、ななちゃんの生きる力になっていたと思います。
shiiponさんの愛情を知って、「ひとりじゃないって~すてきなことね~♪」って、ななちゃんとぽぽちゃんが二人で歌ってる姿が見えますっ☆

我が家にも16歳と14歳になる高齢な室内犬が居るのですけれど、16歳の方(ミーコ)がおトイレの間違いが増えて来て絨毯を汚すんですけれども掃除をするたびに相田みつを風に『だって犬だもの、仕方ないじゃない』って笑うようにしています。今現在認知症にはなっていないようですけれど、この先できるだけ認知症にならないで楽しく過ごせていけたらなと思います。出来る時に出来るだけのコトを、ですよね!

記事を読み、21歳で亡くなった疾風の事を思い出しました
彼も最後の一年は、健忘症になり亡くなる半年前からは寝たきりの状態でした
毎日、毎日看護に追われ
一時間に一度の体位変えや、何回かに分けた食事
マッサージなど
何処にも出掛けられず、自由時間などなかった日々
それでも、疾風は生きたいと最後の瞬間まで生きる気力は無くさないでいてくれました
私も、ずっと生きていて欲しかったです
何年たっても、私の中に疾風は生きています
そして、疾風で学んだ事は軍団に流れています
それが命を繋ぐって事なんでしょうね
ななちゃん、ぽぽちゃんの命もむったんや猫さんに
流れていると思います

■小虎ままさん

今回も涙してくれたんですか~。どうもありがとうございます~(T^T)。
自分の命を捨てようか…などと考えてしまうのは、確かに人間だけですよね。動物たちは、ひたすら純粋に生きてゆく。そんな姿には、種族を越えて胸打たれますよね。特に小虎ままさんのような経験をした方なら尚更感じるところがあるのでしょう。…でも小虎ちゃんが居る今、お元気になって本当に良かったですね…(^^)。

…ニックちゃん、きっと可愛らしい子なんですね。滅多に会いに行けなくても、小虎ままさんのお気持ちは絶対に伝わっているはず!…だって「ひとりじゃないって~♪」は、ニックちゃんも同じですから…っ。

■マーシーさん

怪我や病気で毎日痛い思いをするようだったり、何も出来ず見守るしかなかったり…そんなことになるよりはまだ良かったかのなぁ、とも思ったりしましたが、認知症はやっぱり本犬が一番辛いはずですよね。出来れば防げたら良かった…。でもその頃の私は知識も乏しく、症状が進んでからしか気付くことが出来ませんでした。だからマーシーさんのように「事前に防ぐこと」を少しでも考えられたら良かったのに…と、あらためて思います。

絨毯が汚れても全然ブレたりしない。そんなマーシーさんがついていてくれるなら、ミーコちゃんやチーコちゃんは、きっとずっと元気で暮らしてゆけると思います(^^)。

■菻ママさん

疾風くんという子は、本当に長生きしたんですね…。でも菻ママさんにとっては、もっともっと生きていて欲しかったんですよね。お気持ちお察し致します…。

ななの時も食事は何回かに分けました。私が付きっきりで口の端から1粒ずつフードを入れ、もぐもぐして飲み込むのを待ち、それが済んだらもう1粒2粒…。1回の食事に1時間は要しました。それでも、固形物を食べてくれるのは有難かったです。食べる力がある。生きる気力もある。それが嬉しかったんですよね…疾風くんと同じです(^^)。私も出来ることなら…ですけれど(^^; 、菻ママさんのように「経験を生かせる人」でありたいと思います。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール
*我が家のかわいい獣たち*

■睦月(女の子)
ちわわ。2008年冬生まれ
睦月父(おとう)は管理人の兄
睦月のプロフィール

■ガッツ(男の子)
家猫。2000年春生まれ
ガッツのプロフィール

■ポッツ(男の子)
家猫。2000年春生まれ
ポッツのプロフィール

■かーちゃん(女の子)
外猫。猫の中では最年長
かーちゃんのプロフィール

■たんちゃん(女の子)
外猫。1999年春生まれ
たんちゃんのプロフィール

■うり(女の子)
外猫。2000年初夏生まれ
うりのプロフィール

■ぽぽ(女の子)
黒柴。1993年夏-2008年冬
ぽぽのプロフィール

□ぽぽは14歳で旅立ちました。記事は全て残しておきますので、宜しければご覧になって下さい。

- + - + - + - + - + -

<shiipon@管理人>

■わんことにゃんこ。かわいい子たちと暮らしています。
…てゆーか獣ですけど(^^)。

□絵本サイト「野に咲く話」もどうぞご覧下さい…♪/作者:shiipon

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
レスキューリンク

■BCRNブログ
 ~ボーダーコリーを探しています~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■財)日本動物愛護協会群馬支部
 ~犬猫の里親、常時募集中~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング
当ブログも参加中です

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング
当ブログも参加中です
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
QRコード
*犬と猫と野の話*
QR
ブログ内検索
メールフォーム

お名前(またはHN):
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。