コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

お食事

ぽぽが、カリカリや缶詰を食べられなくなってからの食事事情を紹介します。

写真の白い缶は、近所のホームセンターで買ってきた犬用粉ミルクです。初めはこれを飲ませていました。水色の缶は、獣医さんから購入させて頂いた犬用粉ミルクです。大きなペットショップや、ネット通販等でも購入出来ると思います。こちらは他のミルクよりお値段が高くなりますが、ぬるいお湯で溶いてもダマになりにくく、「母乳に一番近い」というのが売りの、栄養の面から見ても充実したミルクです。ぽぽには一回に、付属の赤いスプーンで2~3杯分の粉をお湯で溶いてあげていました。(※目安として…粉1:お湯2/温度は人肌程度)
出来上がったミルクを、そのまま飲んでくれてる内はいいんですが、次第に、香りを嗅がせてもペロペロしてくれなくなってしまったら…。そこで登場するのがスポイトです…!
写真には2種類のスポイトが写っています。ひとつはよく見かけるタイプのスポイト。もうひとつは、実は人間の赤ちゃん用「くすり飲ませ器」なんです。それなので円型の、おしゃぶりみたいな部品が付いてますよね。これだったら、間違って喉の奥に入ったりしませんもんね。…でも、犬にはあんまり必要ないかな~。先代犬にも同じものを使っていたんですが、当時は円型部分がかえって邪魔だったので、そこだけハサミで加工(カット)して使ってました。(柔らかいゴム製なので、普通のハサミでも簡単に切れるんです)

とにかく、普通に飲んでくれなくなった時からはスポイトが大活躍します。まず、犬のお口をちょっと持ち上げて、スポイトをお口の脇に当てて、喉の方に向かって「ちゅー」っと注入。口は大きく開いてなくても大丈夫です。先の細いスポイトなら、歯と歯の隙間にも入り込ませられます。ミルクがお口に入ったら、「ごくん」と飲む音を確認し、もう一回。これをゆっくり繰り返せば、必要な分量を飲ませられます。もしも飲まず食わずでいたら、元々弱っている体が保ちません。これで少しでも飲んでくれるのですから、本当に有難いアイテムだと思います。



それから2枚目の写真…。
袋に入っているのは犬猫兼用の栄養剤です。やはり獣医さんから購入させて頂きました。

これも中身は粉状です。ちょっと甘くて美味しそうな香りがします。粉ミルクと同じように、お湯で溶いて与えるものなのですが、何と、ミルクよりも栄養があるそうです…!更に、ミルクよりも「とろみ」があることにより、結果的にウンチになってくれるという優れもの。…ウンチ、大事ですからね…(^^)。本来は、術後等であまり食欲が無いような犬猫のお口に、コレを塗ってあげたりするものなんだそうです。(塗るとペロペロ舐めるので…)
ただ、ぽぽの場合はその「とろみ」が逆にお気に召さなかったようで…結局ミルクと同じくらいサラサラに溶いて飲ませてましたけど…(^^; 。でも、同じ量でも栄養価が高いわけですから。これもぽぽにとっては大切な食品でした。

この栄養剤は、ミルクと交互に飲ませていました。1日の内に4回食事の機会があったら、「ミルク→栄養→ミルク→栄養」というように。もちろん、スポイト使用です(笑)。



それから、これは個人的には結構大事だと思っている「ぽぽ日誌(^^)」。

ぽぽが何時に何を食べたとか、どのくらいの量だったとか、主に食事のこと…そしてウンチのことなどを簡単にメモしてあります。誰が見ても分かるようにしておくことが大切だと思ったんです。
昼も夜も関係なくお世話しなければならない状態になってしまっては、とても私ひとりでは無理です。ちょっとくらい夜更かししても大丈夫だけれど、さすがにずーっと寝ないでいたら続くわけがありません。元々がタフでもないですし…(^^: 。なので家族に協力してもらい、大体の担当時間を決めました。夜から朝方は私、朝方から昼までは母…(その他の時間はどちらでも出来る方が担当)という風に。そして、お互いに知らない間に起こったことをこの「ぽぽ日誌」に書き込み、情報交換をし、いちいち聞かなくてもぽぽの状態を把握してゆけるようにしてました。
…本当は「ぽぽ日誌」(2)・(3)と続きたかったですけどね…。



ここに書いたことは、あくまでもぽぽの場合です。
皆さんのわんこは、育った環境も、年齢も状況も、ぽぽとは違うと思います。けれど、愛犬に元気がなくなってきた時、「自分でモノを食べられなくなったらもう打つ手はない」とは思い込まないで欲しいんです。…そう言いながらも、私なんて反省点が一杯なんですけれど…(^^; 。
勿論、獣医さんに行けば、点滴や注射で栄養補給もしてもらえます。でも、もっと弱ってしまった時、もうそれらはあまり意味を持たなくなるそうです。お世話になった獣医さんも言ってました。やっぱり、お口から入る栄養が一番なんですって。わんこにとっても…。

もし何年かが過ぎて、それでもこの記事を覚えていて下さる人がいて、そしてその時が来た時に、「まだ何か方法があるはずだ」と前向きに考えて頂けたとしたら、私も幸せです。


■わんこを守るため、どうかご自分も元気でいて下さい。何より、心が元気でありますように。
←※FC2 Blog Rankingに参加しています

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ぽぽちゃんの旅立ちを知り涙が止まりません。
shiiponさんの悲しみが、自分の事のように解るから辛いです。
でも、ぽぽちゃんは幸せだったはずです。
shiiponさんの溢れるばかりの愛情を最後の瞬間まで受け、きっとありがとう
と言ってると思います。

私が、ゴンを亡くした時に支えてくれた文を書きます
貴方が居なくなって寂しい気持ちもあるけれど…
それよりも、貴方と過ごした日々
貴方が残していってくれた物
その全てがかけがえのない財産

shiiponさん、きっと時が優しく癒してくれます。
どうか…力を落とさないで
辛い時はいつでも、メール下さい
ずっと応援しています

どんな記事であれ、shiiponさんがまた更新してくれたことがうれしい姫ママです。

姫ママは王子のことを思い出しました。王子も段々食べれなくなり、知識のなかった姫ママのうちではぐずぐずに煮込んだお米をあげていました。
お医者さんが「食べなくなったらもう終わりだよ」と、飼い主が頑張る方法を全く提示してくれなかったのもあります。
結果的に王子は、自らの力で食べなくなって10日も経たないうちに天使になりましたが、姫ママはそれでよかったとも思いました。
歩くことが大好きだった王子が、歩けなくなって生き続けるのは、あまりに可哀相だった。

だけど、できることをしてあげられた、とは思えません。
飼い主側からすれば、生きていてほしかった。今も。

shiiponさんの経験談は、きっといつか、姫ママが姫にしてあげられることだと思います。
そうやってぽぽちゃんは、姫ママの中に生き続けていくのかな。
5年以上経った今でも、王子を思い出すと辛く、同時にあたたかい思い出があります。shiiponさんには辛いとかはなく、ただあたたかい思い出が残りますように。

■菻ママさん

ぽぽを可愛がって下さった菻ママさんにもお知らせが遅くなり、本当にすみません。

…実は今、すごーく驚いています。皆さんがあまりに優しいことに…。
ぽぽを直接ご存じの方も、そうでない方も関係なく、毎日あたたかい言葉をかけて頂けるんです。まるで誰かが、キラキラ光るしあわせの金粉を(←そんなものがあるのかは不明です…(^^;))、私の頭上に振りまいてくれているかのようです。もしかしたらそれが、菻ママさんからの言葉にある「貴方が残していってくれたもの」なのかも知れませんね…。
ぽぽが残してくれた、繋げてくれた、そんな皆さんから今、私はとてもあたたかいものを受け取っているんです。とても大切なものです…。

菻ママさんから、ぽぽへの贈り物も届きました。こんなにまでして頂ける有難さを、しっかり覚えておきたいです。忘れたりしたらバチが当たります…。このことは、ちゃんとぽぽにも報告しました。きっと喜んでいると思います。ぽぽに代わって御礼申し上げます…心から「ありがとうございます」、菻ママさん…(^^)。

■ちぇるしぃママさん

ちぇるしぃママさんの後悔が、いつまでも薄まらないのは辛いですね…。
いい獣医さん…というか、どれだけ自分や愛犬に合う獣医さんに出会えるかどうかも、大切なことなのかも知れないですね。
私は、お世話になった獣医さんには大変感謝していますが、やはり自分がぽぽに対して出来なかったこと、甘くみていたこと、足りなかったこと等に後悔を感じています。「あの時こうしていたら…」、後になって気付くことが一杯です。「100%満足」なんて、あり得ないのかも知れません。だからこそ、経験したことをきちんと生かせる人間でありたいと思います。
それから、もし、ちぇるしぃママさんがぽぽのことを記憶にとどめておいて下さるのなら、こんなに有難いことはありません。

また、ちぇるしぃちゃんの日記にまで載せて頂き、時間を割いて頂き…本当に有難いことだらけです。最近は、「どうしてこんなに優しいの~?そんないい人なの~?何でなの~」と、ひとりボヤいています(笑)。いつもいつもあたたかい言葉をかけて頂けること、本当に感謝しています…(^^)。

みなさんに、是非ぽぽ日誌を紹介して行って下さい。最後に誰しもぶち当たる場所に行くまでは『まさか、ね』なんて思っちゃうけれど、shiiponさんが書き残した事はどの犬達にも、どの飼育者にも必要な部分て絶対に有りますから。心からそう思います。誰かがまた○○日誌2、3、4、と繋げてくれます。

後から、ああすれば良かった、こうしてあげてれば良かった・・・
そうですよね、後悔先に立たず・・・
9年前に旅立った子の時に、私も悔やみました。

でも、それに気付いてあげられるってことは、それだけぽぽちゃんのことを思っていたから。
その事に気付いてない人もたくさんいますから。

ぽぽちゃんにとっては、そんなことより大好きなshiiponさんが側に居てくれた事が、一生懸命ミルクを飲ませてくれた事が、何よりも嬉しかったと思います。

うちの虎捺にはまだまだ先のことですが、いつかは覚悟しておかないといけない事。
shiiponさんのアドバイスが、いつの日か役立ってくれると思います。
ありがとうございます。

寒い日が続いてます、体調崩されませんように。

■マーシー子さん

ぽぽ日誌の中身は、ご紹介出来るような立派なものではないんですよ~。本当に簡単なメモのようなものなんです…(^^)。どんな食べ物をどれくらい食べたとか、どのくらい残してしまったかとか…。これを見ながら、また、自分でも書き込みながら、一日の目標の食事量を与えられるよう努力していました。

介護となると24時間体制です。それに待ったナシの状態になりつつあると、ひとりだけではすぐに力尽きます。最低、もうひとりの協力者が必要だと思います。幸い、私には家族がいて、色々な方面から協力してもらうことが出来ました。日誌を作ったことも正解だったと思っています。

マーシー子さんが言って下さるように、新しい「○○日誌」を、誰かが繋げていってくれたとしたら、本当に有難いお話だと思います。今日も嬉しいお言葉、ありがとうございます。

■雅&龍の母さん

雅&龍の母さんの中にも、同じように経験した思いが今でも残っているんですね。
だからこそ、私にも優しく接して下さるんでしょうね…(^^)。

私なんて勿論、まだまだ足りないことだらけです。自分でも「私って最悪…!」と思うことが山ほどあるというのに、ここのところ、毎日誰かにあたたかい言葉をかけて頂けて、実はかなり「もったいない(> <)」と思っています。皆さん…優しすぎます…(T^T)。
雅&龍の母さんが「ありがとう」と表現して下さることに対しても、そう思っています。もったいない程に有難いことです。こんなによくして頂いて、「こちらこそ、本当にありがとうございます!」…そうお返しするしかありません。

雅&龍の母さんも、虎捺ちゃんやご家族の為にも、いつも元気でいて下さいね…!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール
*我が家のかわいい獣たち*

■睦月(女の子)
ちわわ。2008年冬生まれ
睦月父(おとう)は管理人の兄
睦月のプロフィール

■ガッツ(男の子)
家猫。2000年春生まれ
ガッツのプロフィール

■ポッツ(男の子)
家猫。2000年春生まれ
ポッツのプロフィール

■かーちゃん(女の子)
外猫。猫の中では最年長
かーちゃんのプロフィール

■たんちゃん(女の子)
外猫。1999年春生まれ
たんちゃんのプロフィール

■うり(女の子)
外猫。2000年初夏生まれ
うりのプロフィール

■ぽぽ(女の子)
黒柴。1993年夏-2008年冬
ぽぽのプロフィール

□ぽぽは14歳で旅立ちました。記事は全て残しておきますので、宜しければご覧になって下さい。

- + - + - + - + - + -

<shiipon@管理人>

■わんことにゃんこ。かわいい子たちと暮らしています。
…てゆーか獣ですけど(^^)。

□絵本サイト「野に咲く話」もどうぞご覧下さい…♪/作者:shiipon

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
レスキューリンク

■BCRNブログ
 ~ボーダーコリーを探しています~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■財)日本動物愛護協会群馬支部
 ~犬猫の里親、常時募集中~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング
当ブログも参加中です

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング
当ブログも参加中です
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
QRコード
*犬と猫と野の話*
QR
ブログ内検索
メールフォーム

お名前(またはHN):
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。